« コンプライアンスな会社って息が詰まる | トップページ | なつかしのアニメソング その2 忍者がたくさん »

2012年9月 3日 (月)

なつかしのアニメソング その1 スポンサー名付主題歌

久しぶりにシリーズものの話題です。
年齢のせいなのか、逆にデジタル技術の進歩のおかげなのか、このブログを開始してから、何度か「回顧」的な話題を取り上げているが、今回はアニメソングだ。

Anime01今年の春ごろに、何がきっかけだったか忘れたが、懐かしいアニメソングを探し始めた。
有り難いことに、現代はYouTubeに掲載してくれている人がいて、それで見たり、どうしても欲しい場合には音声データだけ取り入れたりした。
そんなことを、繰り返しているうちに、現代のアニメや主題歌と50年前のものとの違いを強烈に感じるようになり、これも「備忘録ね!」と言うわけでシリーズ話題とした。

その1回目としては「スポンサー名付主題歌」
私の記憶で最も鮮明なのは、「鉄人28号」
主題歌の最初に
「グリコ♪ グリコ♪ グ~リ~~コ~~~ォ♪」
と男声合唱団の声が入り、そしてそのまま主題歌が始まる。
「夜の街にガオ~~♪」とお馴染みの歌詞が続いていくのだが、最後に
「ビュ~~ンと飛んでく鉄人 28号♪」の後、また
「グリコ♪ グリコ♪ グ~リ~~コ~~~ォ♪」
とスポンサー名の連呼があってオープニング主題歌が終わる。

私たちの幼い頃には、1社だけのスポンサーで番組が創られていることが多く、だからこそこんな「スポンサー名付主題歌」なんてことが実現できていて、現代のように、いくつかのスポンサーで番組が創られるのが当たり前の時代には絶対あり得ない現象だ。

今後、登場してくる懐かしいアニメにも、同じような「スポンサー名付主題歌」は多く見られたが、一番印象に残っているのは、やはり「グリコ」だった。
今回、懐かしアニメを集めていて「これもそうだったのか!」と思ったのが「風のフジ丸」だ。(知っている人、いるんだろうか?)

これは「藤沢薬品」の1社スポンサー。
だから、主人公の名前も「フジ丸」になっており、この主題歌も最後に
「フジサワ~♪ フジサワ~~♪ フジサワヤ~クヒ~~ン♪♪」と終わる。
1社スポンサーだから出来た今はない広告宣伝方法だった。

|

« コンプライアンスな会社って息が詰まる | トップページ | なつかしのアニメソング その2 忍者がたくさん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コンプライアンスな会社って息が詰まる | トップページ | なつかしのアニメソング その2 忍者がたくさん »