« ロンドン五輪~お家芸とルール変更 | トップページ | 窮鼠猫を噛む »

2012年8月17日 (金)

国の違い

今日、55歳になった。
すごいなぁ~55歳だって。
部下から見れば「外見も中身も、十分に完全におっさんだ」と思われているだろうが、頭の中は、そうでもない。
感覚として30代くらいのつもりでいるが、体力的には正直なものでまったく無理になっている。

Kuninotigaiさて、オリンピックが終わった。
そして夏休みも終わった。
私の住んでいる地域は天候が不順だったせいもあり、家でゴロゴロしているだけの夏休みだったし、オリンピックもあったので、余計に引き籠り状態だった。

メダル獲得数が過去最高。
特に団体競技の獲得が増加。
さらに、獲得競技数も増加。

終了後に各メディアで騒がれたのは、大体こんな感じのことで、あとはメダル獲得者が出演!なんて感じが多かったかな。
そんな番組を、エアコンの効いた部屋でのんびり見ていて、ふっと思った。
「なんだか、今度のオリンピックは結構感動したなぁ」

なぜなんだろう?
やっぱりメダルをたくさん獲得したから?
それとも団体競技で獲得数が多かったから?
確かに、そうなんだろうなぁと思っていたが、前回ってどこだっけ?と思い直した。
人間の記憶なんていい加減なもんで、たった4年前なのに、もう忘れている。

そう、前は「北京」だった。
そして、今回は「ロンドン」
感じた違いは、その観客の質の良さだった気がする。

メダルを獲得していなくても、自国の選手じゃなくても、そして例え大した記録じゃなくても、いろんな意味で「拍手」を送るべき選手には、最大の賛辞であるスタンディングオベーションを送っていた。

バトミントンで、足を負傷してなお試合を続けようとした佐藤選手。
両足が義足の南アフリカの選手。
そして、女子サッカーの決勝戦。

終了後の大観客の拍手する姿は、今回のオリンピックの中で、最も感動した場面でもある。
前回の北京ではなかなか感じない場面だったが、オリンピックという一大イベントは、選手だけでなく観客も含めて成立しているものだと今回、初めて感じたことだった。

|

« ロンドン五輪~お家芸とルール変更 | トップページ | 窮鼠猫を噛む »

コメント

すでの大台に乗られている揚巻さんのご忠告通り・・・と思っていますが、ここ2~3年の毎週東京出張がたたってか、軽い夏風邪がなかなか治りません。
基礎体力が落ちているせいか、幼いころの弱点だった気管支炎がまた最近出ています・・・

投稿: nobulog | 2012年9月10日 (月) 15時33分

遅くなりましたが
お誕生日おめでとうございます!
定年まであと一歩
体調整えてきばりなはれや♪

投稿: 揚巻 | 2012年9月10日 (月) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロンドン五輪~お家芸とルール変更 | トップページ | 窮鼠猫を噛む »