« 武器を持って何をするか? | トップページ | 江戸の旅② »

2011年10月17日 (月)

江戸の旅①

毎週のように東京に出張しているのに、残念ながらこの20年くらい「個人の遊び」で東京へ出かけたことがなかった。
若い時には、セミナーや展示会を見た後、少し時間を作って寄っていくとか、友人の家に泊まらして貰ったりしたが、最近は疲れてしまって「さっさ」と帰ってしまう。

11

その毎週の東京出張では、新幹線の中で読むために「江戸時代小説」の文庫本を持っていくのだが、そこで出てくる「江戸時代の地名」を見ながら「いつかは行ってみたいなぁ」と思っていた。

そして今年の夏、2回続けて京都へ「鬼平ロケ地巡り」に出かけた勢いのまま、今度は「江戸巡り」をしてきた。
出かけたのは9月の3連休。
日程的には
1日目=増上寺、狸穴坂、愛宕神社
2日目=江戸東京博物館、回向院、五鉄、深川不動、永代橋、大川端
3日目=飛鳥山、王子権現、王子稲荷、湯島聖堂、神田明神

という感じで、新幹線の往復とホテル宿泊のパックで行ってきた。

ちなみに新幹線往復と東京プリンスホテル2泊で3万5千円。
もちろん食事なしだが、新幹線だけで2万円は掛かるので、まぁまぁ安上がりだったと思う。
ただし、東京プリンスホテルは、よく言えば「伝統あるホテル」なんだろうが、いろんなものが古くて、毎週泊まるビジネスホテルの方が、快適だった。今時、隣の声が聞こえるなんて、よほどの安いホテルしかないのではないだろうか?

ということで、10時近くの新幹線で東京に向かい、到着は昼ごろ。
東京駅の「ハゲ天」で江戸前天麩羅の昼食、その後ホテルのある芝に向かった。
ホテルは、増上寺と隣接しているために、まずは増上寺へ。
今、話題の「秀忠と江」の霊廟を見学したり、境内を歩いたりしたが、京都の神社仏閣を見慣れているせいか、「意外と狭いなぁ」という印象だった。

そのままホテルにチェックインし、一休みした後は近場の江戸巡りへ出かけるのであった。

|

« 武器を持って何をするか? | トップページ | 江戸の旅② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 武器を持って何をするか? | トップページ | 江戸の旅② »