« クリエイターの呟き「最も非効率な仕事」 | トップページ | 南紀白浜温泉の旅 その2 »

2011年1月20日 (木)

南紀白浜温泉の旅 その1

またまた行ってきました。

01_20nanki

温泉の旅。もちろん「客室露天風呂付」
出掛けた先は「南紀白浜」
私の住んでいる地域からは、ちょっと距離がある。
でも、ETC割引のおかげで高速料金はあまり気にせずに出かけられるために、ありがたい。

出掛けたのは1月8〜9日。
そう、正月休み明けの3連休。
この時期の心配は「雪」だが、2日目は曇りだったけれど、おかげさまで2日間ともに「雪」には合わずに出かけられた。
ただし、行きには「関ヶ原」を警戒して「新名神」経由で出掛けたが、一部山越えの場所では、一面雪景色だった。

3連休だったけれど、正月休み明けってのが幸いしたのか、あまりキツい渋滞にも合わず、行きは順調にドライブ出来た。
あまりに順調で、帰りに寄るつもりの「道成寺」に寄って見学。
例の「おばさん」軍団には遭遇したけれど、仏像などの展示館には来なかったために、国宝級の仏像をじっくりと味わう事が出来た。

宿に近い「白浜」に近づくと、さすがに渋滞。
といっても、わずか数キロだったが、関西からの「温泉観光地」であることを再認識した。
泊まった宿は「ホテル天山閣 海ゆぅ庭」
「客室露天風呂付」とは言え、ご予算が限られているため、着くまではちょっぴり不安だったが、チャンとお出迎えもしてくれたし、部屋も風呂もそして食事も、とても満足いく宿だった。

以前「露天風呂付客室の旅」で宿泊した宿は、その後も語り癖になるほど食事がマズく、今回もその時の同様に「創作」の二文字が気になっていたが、どれも美味しく特に翌朝のお味噌汁は、余程「だし」が良いのか飲むたびに「あ〜美味しい」と口から声が出る程だった。

温泉も宿近くの「外湯巡り」と称した複数の外湯は残念ながら、一部工事中だったけれど、それは、どちらかと言えば、付録みたいなもの。
くせのない「白浜」の温泉を「客室」にある露天風呂で十分に味わっての宿泊だった。(つづく)

|

« クリエイターの呟き「最も非効率な仕事」 | トップページ | 南紀白浜温泉の旅 その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クリエイターの呟き「最も非効率な仕事」 | トップページ | 南紀白浜温泉の旅 その2 »