« 3世との初めての花見 | トップページ | 浮世絵 異版の楽しさ »

2010年4月 9日 (金)

どうしてる?白熱電球

少し前に「東芝が白熱電球の生産を止めた」とニュースが流れた。
「時代の流れなんだな〜〜」とは思うが、個人的な生活の話になると、ちょっと違う。

Hakunetukyu

白熱電球って、電気消費量や発熱量が大きいのがデメリットとして挙げられる。
でも、使う側からすると
「スイッチ点けると、すぐに明るい」
っていう良さがある。

最近の「省エネ」がの電球は、ほとんどは「蛍光管」を利用して電球型になったもの。
これって確かに省エネだし発熱も少ない。
でも「最初は、少し暗い」というデメリットがある。

初めて「蛍光管型電球」を購入した時「ま、少しくらい最初暗くても良いか?」と思って買って来た。
ところが、実際取り付けてみると、大違い。
考えてみたら、そりゃそうだ。
「白熱電球の取り付け場所」
トイレ、玄関って感じで、「パッ」と点いて欲しい場所なのである。
それが、最初は「ちょっと薄暗い」となるとかなり気分としては、よろしくないわけだ。

しかも価格は、従来の白熱電球に比べて、高い。
スゴく高いわけじゃないけれど、高いのに「最初薄暗い」となると、どうしても購入する気にならない。
じゃあ、超先端的に「LED電球」はどうなの?

確かに「パッ」と点くし、最近ではいろんな色にも対応し省エネはもちろん発熱も極小ですばらしい!
でも1つ「数千円」もする超効果なものになっちまう。
いくら省エネでも、いくら10倍以上の長持ちでも、たかが電球に「数千円」は払えない(これって、通常の庶民感覚ですよね?)。

だから消去法的に「今まで通りの白熱電球」となるのだが、東芝が生産中止したということが、いずれは「白熱電球」は無くなるわけで、これからどうしたら良いんだろうと思う照明の悩みなのである。

皆さん、どうしてます?
「最初薄暗い」蛍光管型電球って使ってます?

|

« 3世との初めての花見 | トップページ | 浮世絵 異版の楽しさ »

コメント

リーフさん、そしてこばちさん、コメントありがとう。

やっぱりみなさん不満に思っているんですよね。
何だか、「高いの買わされている」って感じですよね。

投稿: nobulog | 2010年4月11日 (日) 17時41分

こんばんは
何年か前に何かの広告賞だったか・・・なんだったか・・・・・で
病院の廊下の写真に
「薄暗いと少し不安」と言うコピーが載っていました。
明るい蛍光灯の広告だったと思います。
薄暗いのはちょっと不安・・・でも
高いのはかなり不満・・・だったりします。

投稿: こばち♪ | 2010年4月 9日 (金) 23時24分

こんばんは!

地デジTV対策の次は「コレ」かい!と思いましたよ。
疲れてしまいます。

私は蛍光灯のようなあかる~い光は弱いんですが(使ってますけど・・)
この電球の価格はいかがなものかとおもいますよ~!10年持つといったって・・やはりもちとっとお安めの何かがあったらいいなと思うし、あまり暗いのばかりでは年取ってくると字が読みにくいですよね?

庶民価格の電球ほしい~~~!です

投稿: リーフ | 2010年4月 9日 (金) 19時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3世との初めての花見 | トップページ | 浮世絵 異版の楽しさ »