« 変わらない「押し売り感動」 | トップページ | 「評価」のスキル »

2010年2月23日 (火)

オリンピックの魅力

先週「変わらない『押し売り感動』」で、ちょっとばかりオリンピック番組にクレームをつけたが、すぐその後に「こんなシーンが魅力だよね?」と感じたので記事にした。

どうも私は「勝者」よりも「敗者」に起きる出来事が琴線に触れるようで、今までも「敗者の弁」を初めとして、同じような感想をブログにしてきている。
今回も同じく「敗者」の出来事。

Orinpiku

オリンピック男子フィギア。
ニュースで流れた通り、銅メダルは「高橋大輔」が日本人初のメダル、そして大けがを乗り越えてのメダルと言うことで、スポットを浴びた。
きっと後々に振り返ってみると、この快挙は記録に残り、語られるだろう。

でも私はちょっと違う。何かと言うと例の「織田信成」のスケート靴のひもが切れた出来事。
確か、彼は不祥事があったり、成績は悪いと「涙を流した」会見が多い記憶がある。
今回も「悔しさ」からの涙の会見だったが、私はそのことに感動したのではない。

演技を中断し、ひもを結び直して、再び彼がリンクに姿を見せた時の「拍手」
観客の
大きさ、暖かさ、激励・・・いろんなものが混じり合った「拍手」
このシーンを見た時に「これがオリンピックの魅力なんだ」と感動した。

最近は、すっかりご無沙汰になってしまったが、モータースポーツでもそんなシーンはある。
例えば「8耐」では、転倒などによるマシン破壊でも、選手はマシンを押してピットまで戻って来て修理することがある。
そんな時、観客は自分たちの目の前を、選手がマシンを押して通り過ぎるまで「拍手しつづける」のである。
このレースは真夏のレースだ。
40度近くの気温の中、ヘルメットをかぶりレザースーツを着たまま、数百キロのマシンを押している姿。
もう、結果は見えている。
「棄権」「ゴールできるか」
この違いだけのために、選手はくたくたになってマシンを押して来る。

今回の織田選手の姿に送られた観客の拍手には、そんな「選手としての前向きさ」に対しての観客からの最大の「賛辞」だったと思う。
「観客が一緒になって創り上げる舞台」
これがオリンピックの、スポーツの本当の魅力のような気がする。

|

« 変わらない「押し売り感動」 | トップページ | 「評価」のスキル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 変わらない「押し売り感動」 | トップページ | 「評価」のスキル »