« 何の本能が動かしているのか???? | トップページ | 世代を超えるアニメ〜番外編 »

2009年11月16日 (月)

世代を超えるアニメ〜トムとジェリー編

急遽1回飛んでしまったが、今回は大御所の登場である。
「トムとジェリー」が日本で初めて放送されたのは、いったいいつなのだろう?
ウィキペディア(Wikipedia)で調べたら1964年とある。
じゃ、私が小さい頃テレビで見ていたのは、初放送のものだったんだ。
ちょっと感慨深い。(白黒テレビだったんだよ)
Tomujeri
「195×年にアカデミー賞を受賞しています」
こんなテロップが流れたりしたので、初放送はもっと古いと思っていたのだが、日本では60年代だったんだな(1つだけ「台所戦争」というのがアカデミー賞を獲っていたのは覚えている)。

ほとんど台詞のないドタバタアニメ。
フライパンや土管に当たると、その形になってしまうトム。
ブルおじさん。
安全ピンで留めたおむつをしてるニブルス

他にもたくさんのお馴染みキャラが登場する「トムとジェリー」だが、この作品の時代の超え方はスゴい。

今でもレンタルビデオ屋にずらりとシリーズが並んでいるし、地上波でもスカパーでも何度も再放送している。
個人的には、やっぱり初期の頃の台詞の全くない作品が好きだが、相変わらずドタバタやっているのは変わらないようである。

ただ私はやっぱり少々変わっていて、3本立ての真ん中のシリーズが好きだった。
1本目と3本目は「トムとジェーリー」なのだが、真ん中の2本目は、違っていた気がする。
その中の「ドルーピー」が好きなのだ。
いや、正確には「ドルーピー」にいつもやられてしまう「オオカミ」が、何とも愛らしくて好きなのである。

そうそう、会社の研修で初めてアメリカに行った時、泊まっているホテルでベッドメイクするオバさんが「トムとジェリー」に出て来る太った黒人でリズミカルなお手伝いさんにそっくりだったことに驚いた。
「アメリカには、普通にこういう人がいるんだ」と。

そういえば「揚巻さん」の家のペットの名前は「トムとジェリー」じゃなかったっけ?

|

« 何の本能が動かしているのか???? | トップページ | 世代を超えるアニメ〜番外編 »

コメント

揚巻サン、コメントありがとう。
このお題にはコメントしないわけにいかないでしょう(笑)

そうそう、ポパイもあるけれど、今じゃ「ホウレンソウ食べて元気に」なんて言っても誰も知らんでしょ?
だから、世代を超えるアニメって、意外とありそうでないんですよ。
前もリーフさんが「アトム」って言ってくれたけれど、「あの話のあのシーンが」って世代を超えて語れるほどじゃないんだよね。

そういう意味では「トムとジェリー」は王様クラスです。
孫と見てても揚巻さんの場合、孫以上に盛り上がって嫌がられるかもね。

投稿: nobulog | 2009年11月16日 (月) 13時21分

わ〜いわ〜い!トムとジェリーだぁ〜♪
はい、我が家のわんこはネズミのジェリーさんからお名前いただきました。
でも、猫は代々食べ物シリーズで「ぷりん」です。
トムは私の別ハンドルネームです♪
息子専用のバスタオルは未だにトムとジェリー(笑)

息子がまだ保育園児だった頃から一緒に見たトムとジェリー。
息子はジェリーさんの影響を受けて「ジェリーみたいなタップダンス踊りたい」と、小学生になってからタップを習っていたくらい影響を受けたアニメです。

「トム&ジェリーキッズ」シリーズじゃダメ、台詞の無い初期のがいい♪
いつになるかわからないけれど、孫と一緒に見たいな♪

お散歩しているとわんこの名前を聞かれる場面が結構あるのですが「トムとジェリーのジェリーさんの名前を貰いました」って説明する方も説明する方かもしれませんが(爆)100%「そうなんだ〜ねずみの名前もらったの〜?」と、老若男女「トムとジェリー」を知らない人はいないですよ。

そう思うと「ポパイ」も大好きだったけれど、トムとジェリーほどの知名度?は無いですよね?レンタルビデオに無いから???

投稿: 揚巻 | 2009年11月16日 (月) 12時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何の本能が動かしているのか???? | トップページ | 世代を超えるアニメ〜番外編 »