« 世代を超えるアニメ〜ハイジ編 | トップページ | 何の本能が動かしているのか???? »

2009年11月11日 (水)

世代を超えるアニメ〜トトロ編

このシリーズの2回目は前回の記事にも少し出て来た「トトロ」だ。
「トトロ」のことは、このブログで2回ほど名前が出て来る。

「男鹿和雄展」「Favorites No.11 風の谷のナウシカ」だが、特に「Favorites No.11 風の谷のナウシカ」でも書いたように、個人的にはあまり好きな作品でない。
宮崎駿さんとしては「ナウシカ」「ラピュタ」の方が思想的で好きだが、一般の認知度はやっぱりこの「トトロ」がダントツだ。
そして、これも「世代を超えて」いる。

Totoro
それは「男鹿和雄展」の時に痛感した。
その記事に書いたように、ものすごく来場者が多く、しかもほとんどが親子連れ。
そして大半のお母さんが、子供に
「ほら、トトロの森だよ」
と話していた。この展覧会自体、子供よりも父母の方が楽しみにしている感じであり、その父母が幼い頃見た「トトロ」の世界を見に来ていたようだ。

「トトロ」は1988年の公開だそうだから、20年以上経過したアニメだ。
だから今「親子」で楽しめる作品になっているんだろうが、もう20年すると「親子三代」で楽しめる作品になっているだろうか?

このアニメ「トトロ」自体のキャラクターが良かったことはもちろんだろうけれど、他にもいろいろなキャラや名場面がある。
「マックロクロスケ」
「ネコバス」

そして「メイちゃん」「とうもころし」
私は、どうも細かい部分が好きなせいか、「ネコバス」の前面行き先ランプの「ネズミ」が何とも好きだ。

他にも、ちょうどこのアニメの設定時期が私の子供の頃なので、何とも懐かしい(例えばお風呂やボンネットバスなどなど)。

今じゃ「三丁目の夕日」以来、昭和ブームになって珍しくなくなったけれど、当時あの時代にフィーチャーしたものはなかったために、兄貴と
「懐かしいな〜」
と言いながら、先日結婚した姪たちと見ていた気がする。

今でも年に1回くらいは日本テレビで放映するが、何となくチャンネルを合わせて見てしまうアニメである。

|

« 世代を超えるアニメ〜ハイジ編 | トップページ | 何の本能が動かしているのか???? »

コメント

リーフさん、コメントありがとう。

「時代背景が子供の頃が多い」のは、決裁権を持つ人たちの年齢と、私たちの年齢が近いってのがあると思います。
「ウルトラマン」がCMに出た時に、ディクレターたちの年齢が私と同じだったので、世代的な影響も大きいと思います。

そっか「アトム」あったな。
でも、今の20代は「アトム」に愛着はないと思うよ。
今の20代も「ああ、そうそうそれそれ」って思うアニメがこのシリーズなので。

リーフさんも「ああ、これはそう」ってのが絶対出るから、楽しみにね!

投稿: nobulog | 2009年11月11日 (水) 19時36分

こんにちは!

アニメシリーズなんですね。
最後の行、確かに年に一度くらいやりますね。そして思わず見てしまいます。happy01
それはきっといい作品、人をひきつける作品なんでしょうね。
1988年、公開とは知りませんでした。それでも色あせてないですね。きっと語り継がれるのではないでしょうか。私たちが桃太郎とか聞いたように(笑)
「トトロ」もスキですが「魔女の宅急便」が私はすきです。

そうそう、時代背景が子供のころの作品、最近多いですね。何故なんでしょう?
制作してる人はもっと若い方だと思うのですが・・提案者がその位の年代?ありえないかぁ~?

次のアニメはなんだろう?たのしみです。
あっ、「アトム」もスキでした。
私が忘れているのが出てくるんでしょうか?

ここのblog、ほんと楽しみpc

投稿: リーフ | 2009年11月11日 (水) 17時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 世代を超えるアニメ〜ハイジ編 | トップページ | 何の本能が動かしているのか???? »