« 風邪なんだろうか? | トップページ | 故郷の宝物〜大切な味篇 »

2009年3月30日 (月)

故郷の宝物〜春の息吹篇

エラくカッコいいタイトルにしたが、どうも最近は故郷の話題が多い気がする。
その理由はいくつかある。

当然、年齢的なものもあるし、仕事で時間に追われて疲れているのもある。
けれど、ここのところ故郷のことを頻繁に思い出すのはブログの影響のようだ。

もはやこの私のブログのレギュラーメンバーになりつつある「額縁屋さん」「揚巻さん」は共に同じ故郷出身の仲間だし、昔からの知り合いというのは、何度か紹介してきた。

そして「額縁屋さん」つながりで最近お近づきさせていただいている「こばちさん」も、今、私の故郷でコピーライーターとして活躍されている。
Nekoyanagi
こんなふうにネットを通してもなお「故郷」という繋がりの強さを感じているから、余計に思い出す事が多いのだと思えてくる。

前置きが長くなったが、この時期いつも思い出す「幼い思い出」がある。
私の故郷は、子供の頃には「自然が一杯」の田舎だった。
だから、2月の終わりくらいになると厳しかった冬から春の訪れを待つように「ネコヤナギ」が目立つようになる。
(う〜〜〜ん、エラく詩的な表現になった)。

小学校5〜6年の担任の先生は女性だった。
我々男の子はそろそろ「男性の担任」が良いなと思う時期だったが、私は小学校の時代、すべて女性の先生だった。

今から思えば、その先生はとても大切なことを教えてくれた。
「ベトナムでの北爆」があれば、その話を。
「日教組のデモ」があれば、その話を。
そして、当時「道徳の時間」があり、そこでは「原爆症の少女の物語」を涙ながらに読んで聞かせてくれていた。

きっとその先生は、たくさんの願いを私たち児童に込めて、そんな話や本を読んで聞かせてくれていたと思う。
が、残念な事に男の子の小学校5〜6年と言えば、ちょっと「拗ねたい」お年頃。
「本を読んで泣く先生」を冷やかし、「ベトナム戦争の話」も他所事のような気持ちで聞いていた気がする。

ただ、何故か知らないけれど、私たちはその先生の事は好きだったのだろう。
卒業式が近づいた或る日、クラスの数名の男の子と「ネコヤナギ」を取りにいった。
先生がいつだったか「好きだ」と言っていたのを、覚えていたのだろう。

当時の故郷は田舎だったから、特に苦労する事はなかったけれど、花が開き過ぎず、「ふんわり」と「純白」の穂先が揃っているものをいくつか取ってきて教壇に置いた。

実は、その後先生が喜んだのか、どうだったかあまり覚えていない。
うっすら覚えているのは、その先生の泣き顔だが、よく泣く先生だったので、「ネコヤナギ」の時じゃないかもしれない。

でも、いつも一緒に遊んでいた悪ガキ仲間と、学校の近くの川縁を、「ネコヤナギ」を探しながら歩いた風景は忘れない。
きっと、子供心に先生への「感謝の気持ち」がたくさんたくさんあったのだろう。

2月から3月にかけて、今住んでいる都会では見られないけれど、「ネコヤナギ」のことは思い出す。

|

« 風邪なんだろうか? | トップページ | 故郷の宝物〜大切な味篇 »

コメント

こばちさん、コメントありがとう。

>>ココの「平和教育」の徹底振り
そうですか、違う土地から移られた方は、やっぱりそう感じますか。
でも、今でもそのDNAが引継がれている事、嬉しく思います。

>>nobulogさんの初恋の(?)先生
初恋じゃありませんが、太田町の下駄屋さんの娘さん(当時はもう50歳を超えてましたが)だと、親が話していたのを思い出します。
今でも、その下駄屋さんはあるんだろうか?
吉村先生と記憶していますが・・・・・

投稿: nobulog | 2009年4月15日 (水) 12時51分

ステキなお話しですね♪
素晴らしい先生との出会いって、本当に本当に財産だと思います。
ココの「平和教育」の徹底振りは、子どもが幼稚園に入った時にとても驚きました。
が・・・この10年で素晴らしい平和教育も様変わりをしました。残念なことです・・・・。
nobulogさんの初恋の(?)先生が育ててこられた、現在現役の先生方に、息子達は育てられています♪noblogさんに様な淡い思いを持ったかどうかは?ですが・・・(^^)

投稿: こばち♪ | 2009年4月14日 (火) 23時48分

nonnonさん、コメントありがとう。

>>良い先生に巡り合ったのは、一生の財産ですね。

と分かるのは、ずいぶん後になってからですよね。
逆に、小学生くらいで
「とてもいい先生に出会った」
なんて言っていたら、ちょっと怖い。

>>出会ったお子さんに、少しでも良い影響を与えられる大人で
>>ありたいと思いますが、

あまり力まず、「自然体」で接することが大切なんじゃないでしょうか?
nonnonさんのようにプロに敢えて言う事ではないですが・・・・・

とにかく身体に気をつけて頑張ってください。

投稿: nobulog | 2009年3月30日 (月) 18時36分

良い先生に巡り合ったのは、一生の財産ですね。
偶然ですが、私も4月から、小学生と遊ぶ仕事に就きます。
子供達の放課後の面倒を見る仕事です。
出会ったお子さんに、少しでも良い影響を与えられる大人で
ありたいと思いますが、・・・・ちょっと、体力が心配では
ありますが・・・。「サメの軟骨」飲んで頑張ります。

投稿: nonnon | 2009年3月30日 (月) 17時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風邪なんだろうか? | トップページ | 故郷の宝物〜大切な味篇 »