« 国の根っこ | トップページ | Favorites35 山口はるみ »

2008年8月11日 (月)

ママの銅メダル

わが社は中小企業なので、そんなに長い夏期休暇はもらえず、まだ「休み直前の状態」だ。
オリンピックも、開催前は「中国の背景」にスポットが当たる報道が目についたが、競技が始まると華やかな「スポーツ」一辺倒の報道に変わった。
なんだか、報道のその変わり身の速さに笑えてしまうのだが。

今日の記事は、ちょっとどうしようか迷った。
どうやらネット上で、賛否両論が渦巻いているようで、その仲間に入りたくないので辞めようかとも思った。
でも、過去に関連した記事を載せた責任上、やっぱり触れることにした。
Tani
「谷選手の銅メダル」の件だ。

「勝者の気持ち」で選考会で勝った「山岸選手」の気持ちのことに触れた。
今回の銅メダルを語る時に、その「山岸選手」の心情を忘れてはいけない気がする。
もちろん、彼女が出場していたら、銅どころかメダルそのものが取れなかったかもしれない。
でも彼女は「選考会」で、谷選手に勝ったのだ。
これは、事実なのだ。

あの選考会の時の試合もテレビで見ていた。
そして今回と同じように谷選手には勢いがなかった。
「守るべき戦い」
そんな感じがして、見ていてつまらなかった。

今回の準決勝もそうだ。
「警告」の累積で勝敗が決まるなんて、つまらない。
その反動のように、翌日の「内柴選手」のアグレッシブな戦う姿勢は、見ているものを釘付けしたし、面白かった。

私のように、休みの日にダラダラ過ごしている中年(?)のオッサンがこんなことを言ってはいけないけれど、谷選手を見ていると「ちょっとだけ」文句を言いたくなる。

「あなたに勝っても、オリンピックに出られない選手の気持ち」
谷選手は、きっと分かっているだろうし、周囲の期待に沿うために頑張っていると思う。
最初に書いたように、谷選手のことでは賛否両論渦巻いているが、やっぱり思うのである。
「勝っても出られない選手の気持ち」

|

« 国の根っこ | トップページ | Favorites35 山口はるみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国の根っこ | トップページ | Favorites35 山口はるみ »