« 自分の根っこ | トップページ | 日本のDNA »

2008年7月 7日 (月)

ヒステリックな環境番組

今年の年明けは「環境」に関する番組が多かった。
その印象をこのブログでも「正月の環境番組その1」「正月の環境番組その2」と2回に分けて取り上げた。

そして、どうやら「テレビ朝日」「開局50周年企画」として「環境」をテーマとして取り組んでいるらしく、先日も「特別番組」を放送していた。
Eko0705
全部見ていたわけじゃなく一人暮らしの特権で、あちこちのチャンネルを変えながらの「チラ見」だったから、これから書く事は、とても勝手な意見だ。

まずメインキャスターになっていた「古館一郎」がいけない。
どうもあの「上から目線」でモノを言われると腹が立つ。

仕事柄仕方ないのかもしれないけれど、彼は「話題になるもの」に寄って行くキャスターに見える。
というか、事実そう思う。

「F1ブーム」と言われた時代に「アイルトン・セナ」というスーパースターがいた。
「音速の貴公子」とは、古館が命名した言葉だが、当時彼はF1の実況をしていた。

ちょうど「ブーム」になった頃、彼は「我こそはF1を知っているアナウンサー」のような顔をしていた。
そして「セナ」が死んだ時に、見切り時と思ったのか「セナのいないレースを実況出来ない」と言って「さっさ」と辞めてしまった。
ま、昔からレースを見ていた古いファンは「せいせい」していたが・・・・。

それは良いとして、今度は「環境」と言う感じで「えらそうに」話しているのが、とても気になった。
番組も「何でもかんでも環境問題」的でヒステリックな感じになっていた。

映画「ツイスター」で有名になったアメリカの「竜巻」
それにスポットを当てて、「異常気象で発生件数が多くなった」と言っていたが、「いつのデータと比較して」多いと言っているか、まったく分からない。
そして「竜巻被害」の凄惨な現場を映して深刻そうに報告していた。

翌日、例の「そこまで言って委員会」で宮崎哲也氏が「CO2問題だけを取り上げるのはおかしい」と言っていたが、その通りなのである。

何でも「異常気象」「環境問題」「CO2削減」とヒステリーのように叫べば「エコロジー」的な運動と思っている人は多いが、実は何も「科学的には」証明されていないのが現実だ。

ちゃんと「環境問題」を特集番組で報じるなら、「見栄えのする映像」ばかり映すんじゃなくって、ちゃんと検証してもらいたいもんだ。
だって、元々CO2が発生したからこそ「温室効果」で、人間にとって住みやすい「地球環境」が出来上がったわけなのだから。
それに「地球の歴史時間」から見れば、過去100年くらいのデータは、何の根拠にもならない「微々たる」時間だと思う。

テレビは分かりやすいメディアだ。
だからこそ「安易」なイメージで「環境問題」を取り上げて欲しくないなぁ。
場末の中小規模の印刷会社で、プランをやっていても
「ちゃんと検証出来ていないプランを考えるな!」
と部下に言っている立場としては、そんなことを感じる番組だった。

|

« 自分の根っこ | トップページ | 日本のDNA »

コメント

yutakarlsonさん、丁寧な解説ありがとうございます。
自分が知らなかっただけかもしれませんが、どうも最近のテレビは検証されていなくて、ヘタするとWebからの丸写しだったり、風評をそのまま知らせたり、公共の電波なのに、Webよりも精度が悪い情報が目につきますね・・・

せっかくなので、 yutakarlsonさんのURL掲載しておきます。
興味ある方は、ご覧になってください。

http://yutakarlson.blogspot.com/2008/07/blog-post_06.html

投稿: nobulog | 2008年7月 7日 (月) 15時18分

■テレビ朝日開局50周年記念~地球危機2008~で報道されたグリーンランドの氷溶解の真偽?!
こんにちは。私も「地球危機2008」を見ました。いろいろまともなことも報道していましたが、確たる証拠もないのに危機感を煽り視聴率をあげるという基本姿勢は崩れていないようです。
特にグリーンランドの氷溶解に関しては、作為めいたものを感じました。従来から海面上昇というフィクションを報道していて、それに対して北極の氷が融けても水に浮かんでいる氷なのでアルキメデスの原理から海面上昇などしないなど、初歩的な間違いを指摘されたり、南極大陸の氷は水蒸気なので温暖化すると氷が増える、逆に寒冷化していた時代には南極大陸には氷がなかったと古文書に残っているなどと指摘されていました。今度は、グリーンランド(大陸)だから、有無をいわせず正当性を強調して危機を煽れるという、意図が見え隠れしていました。いずれにせよ、マスコミの環境問題に関する報道は鵜呑みにすべきではないということが再確認できた番組でした。ここに書くと長くなるので、詳細は是非私のブログをご覧になってください。

投稿: yutakarlson | 2008年7月 7日 (月) 14時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分の根っこ | トップページ | 日本のDNA »