« Favorites No.27 砂浜〜杏里 | トップページ | Favorites No.28 キスして抱きしめて〜MISIA »

2008年6月11日 (水)

秋葉原の事件

あまりに衝撃的なニュースだったので、感情的なままでブログに取り上げるのはやめようと思った。
Akihabara
あの日は、ちょうど家で録画したまま見ていない映画をずっと見ていて、事件のことを全く知らずに夕方を迎えていた。
テレビ番組を見始めて、ニュース速報のテロップが流れて初めて事件を知った。

最近は、こういう「何だか分からない」事件の発生が珍しくなくなって来ているが、この系統の事件が起きるたびに、毎回同じような疑問や感情が駆け巡る。

まずは「犯人の感情」。
おそらく「精神的に不安定」な状況だったろうし、裁判では間違いなく「精神鑑定」がポイントになっていくだろう。
でも、結局「心」なんてものは、他人には分からないもので「おそらく、こんな感じだったのではないか?」程度しか解明出来ず、本当の「犯人の感情」は判明しないんだろう。

そしてもう一つは、「被害者側の感情」
「死刑廃止」の文字への感情にも書いたけれど、「被害者側の感情」は想像を絶する悲しみだと思える。
特に今回は「たまたま」あの時間にあの場所にいたと言うだけで、まったく「偶然」としか言いようがなく、「被害者」には何の落ち度も責任もない。
だからといって「被害者遺族」の恨みつらみのコメントを、そのまま流すマスメディアもどうかしていると思うのだが、いずれにしても「納得」のしようのない感情が被害者側にあるのは、誰にも理解出来る。

次に思うのは、もし自分がその場面にいたら、どうだったのか?ということだ。
不謹慎な言い方を許してもらえるならば、事件当時のいろんなビデオや写真が映ると面白いことに気づく。
人間は「想像外」のことが発生していると、事態を理解できなくて皆が呆然と、もしくは他人事のように立ちすくんでいる。

そしておそらく自分がいても「状況の把握」が出来なくて、呆然としているだけなんだろうと思う。
もしも、そこに犯人が近づいて来たら、間違いなく刺されているだろう。

それから「やっぱり」と言う感じで悲しい気持ちになるのは、容疑者側の家族の姿だ。
いつも思うのは20歳を過ぎて、「大人」として扱われるのに、こういう時には「両親」が引っ張りだされる矛盾だ。
そして、容赦がなく意味のない「両親としてどう責任を感じますか?」という報道側の質問。
「自分がその立場だったら、なんて答えられると思っているんだろう?」
そんなことをいつも感じる。

最初に書いたように「あまりにも衝撃的な事件」なので、ありきたりの「感想」を書くのを躊躇して、「もうちょっと落ち着いてから」と思っていたのだが、いざ書き始めてみると、やっぱりうまく書ききれないでいる。
ただ悲しいことに、こんなエキセントリックなニュースも、時間とともに印象が薄くなってしまうので、今のこの混沌とした感情をブログに記しておくのも良いかなと思って書いてみた。

脈絡のない記事になってしまったけれど、これはこれで、この事件の衝撃性を物語るかと思っています・・・・。

|

« Favorites No.27 砂浜〜杏里 | トップページ | Favorites No.28 キスして抱きしめて〜MISIA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Favorites No.27 砂浜〜杏里 | トップページ | Favorites No.28 キスして抱きしめて〜MISIA »