« 分かっていても感無量だった。 | トップページ | 花粉症なのか風邪なのか »

2008年3月19日 (水)

一面的な見方に反感を

先日、かなりセンセーショナルな形で「広末涼子 離婚」が伝えられた。
上手い俳優だな〜〜〜と思う以外に、特に思い入れがあるわけでないので、このニュースに興味はなかった。

しかし土曜にテレビを見ていたら、ある芸能人とアナウンサーのコメントが気になって、ブログに書く事にした。
Hirosue
ふたりが理想を求めて一歩を踏み出すために、そして、何より子供のことを最優先し、考えた上で、大変勝手ではありますが、これが最良の選択であると判断いたしました

離婚のコメントとして、以上のような文章が広末のHPにあっぷされているのだそうだ。
この中で、芸能人とアナウンサーのコメントは
「本当に、子供のことを最優先に考えたら、離婚はしないんじゃないでしょうか?」
というものだった。

広末がどこまで、本気でこう書いたか知らない。
けれど、私自身は、本当にあの文章通りに
「子供の事を思って、離婚した」
人間である。

この感じ方は、なかなか理解されない。
以前の会社の年長者に、離婚した時に
「子供が可愛くないのか!」
と言われた事もある。

「可愛い」に決まっている。
そんなの「大切」に決まっている。
けれど、私が離婚を決意したのは、こんなシーンに遭遇したからだ。

離婚の前、1年間は別居していた。
その間、何度か夫婦二人で話し合ったのだが、どうしてもすれ違いだった。
ある日、そんな話し合いをしていると、当時まだヨチヨチ歩きの子供が、夫婦の間に入って来て、興味を自分に向けてもらおうとした。
きっと子供心に「なんだか変な雰囲気」と感じたのだろう。

これを見た時に
「無理に一緒にいて、子供がいつも両親の仲を気にしているようだとダメだな」
と思った。

だからと言って、離婚した事が本当に子供にとって良かったかは分からない。
子供には「お父さんと一緒に暮らした」記憶がほとんどない。
それはそれで、スゴく寂しい思いをさせているけれど、お父さんとお母さんが喧嘩している姿を見せる事はなかった。

だから思うのです。
「子供のためを思っているなら、離婚しない」
なんて一面的な見方で「ワケ知り顔」でテレビなんかで話さないで欲しい。
だれも好きで離婚しているわけじゃないのだから。

そんな子供も今月末で、20歳。
取りあえず私の前では「素直な」娘として育っている。

|

« 分かっていても感無量だった。 | トップページ | 花粉症なのか風邪なのか »

コメント

リーフさん、いつもコメントありがとう。

古い友人に
「子供とも会えて話せるということは、前のカミさんに感謝しなさい」
と言われます。
その通りであって、これで「お父さん」の悪口を言われていたら、子供は決して頼ってくれないわけです。

だから、子供にも元の奥さんにも「感謝」しています。

投稿: nobulog | 2008年3月21日 (金) 12時13分

こんにちは!

いつもここは覗かせていただいています。

結婚は簡単だけど、離婚に関しては当事者自身しかわからないことが沢山あるのではないかと思います。
広末さんは芸能人なのでいろいろ取り上げられて質問されたりするんだろうけど、本人たちが考えたことに周りがとやかく言うのもどうか?と思いますよ。

nobulogさんも離婚という形をとってもお嬢さんとも、元奥様とも連絡できてて、ただ一緒に暮らしていないというだけ。そんな関係も本人たちが話し合って決めたことだし、いいと思うのですが。
娘さんも成人の姿も素敵でしたもんね。
夫婦の諍いの中で育つよりいいのかもとも思いますし。

とかく周りは人のことにうるさすぎる気がするのですが・・・
こんな考えは変ですかぁ~?

投稿: リーフ | 2008年3月20日 (木) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 分かっていても感無量だった。 | トップページ | 花粉症なのか風邪なのか »