« やっと乗りましたN700系 | トップページ | 能力は変化するのか? »

2008年2月 6日 (水)

さくらん

正月にWOWOWで放送していたのを、やっと見た。
面白かった???のかな〜〜〜という複雑な感想だ。
あとで知ったが、原作は最近では珍しくなくなったマンガからという作品だ。

いろいろ気になる点が多い映画だった。
「土屋アンナ」は、ロッカーとして結構好きだし、「下妻物語」で、深田恭子とともに良い存在感を出していて気に入っている。
080206sakuran_2
けれど、やっぱり「演技女優」じゃないからなのか、「ノリ」が一緒になってしまっているのが残念だった。

その他、菅野美穂や木村佳乃の妖艶(?)さも珍しかったし、話題にもなった椎名林檎の音楽も、不思議〜〜〜な感じ満載だった。
そう言えば椎名林檎のこの映画音楽について、以前「長谷川きよしvs椎名林檎」の放送の時に話していたのを思い出して見ていた。

配役や音楽もそうだったけれど、一番興味を引いたのは「絵づくり」
監督があの蜷川幸雄の娘である蜷川実花だからだろう。

本人もどこかで語っていたように
「色使い」
には、徹底してこだわったのが、画面から十分に感じられた。

何と言っても「吉原」が舞台。
花魁が出てくれば、それは着るものから調度品まで、豪華絢爛な色使いになってくるし、こだわればこだわるだけ面白い画面になることは分かる。

だから映画を見ながら
「実写版、浮世絵」sign03
と言う感じで見ていた。

写楽や歌麿などは、こんな色の着物を見ながら描いていたのだろうか?

そんなことを思いながら映画を見るのは初めてだった。
逆に言うと、映画としてのストーリーは、あんまり面白くなかったからなんだが。

「実写版、浮世絵」を見てみたい人ならば、一度ご覧いただくのも良いと思います。
着物はもちろん、髪型、髪飾り、調度品など、さすが「蜷川幸雄の娘」という凝りようは一見の価値はあります。

|

« やっと乗りましたN700系 | トップページ | 能力は変化するのか? »

コメント

「あのころにタイムスリップしたい!」

浮世絵を見たりするたびに思うけれど、実際にあの時代に自分が生きていたら、もの凄く貧乏で、とんでもない田舎でヒエと粟しか食べられない水飲み百姓である確率は高い。

だから、今のように「そこそこ」の暮らしで「江戸時代は、すごいなぁ」と言っているのが良いのではないかと、思うわけです。

揚巻さんも、絶対にどこかの「お姫様」ではないだろうし、売れっ子の「花魁」になれた保証はないよね?????

失礼しました!!!

投稿: nobulog | 2008年2月 9日 (土) 09時28分

見ましたよ「さくらん」
確かにストーリーは既に覚えていない(苦笑)
菅野美穂が好きだし、予告編を見てすごく引かれたので、お正月休みに見ました。

nobulogさんの表現は的を射ていてまさに「実写版、浮世絵」ですよね。
歌舞伎で見得を切る(漢字変換自信なし)場面があるでしょう?
あれも、一枚の絵なんですよね〜役者の立ち位置、背景や着物の色柄のバランスがあまりに美しくて感動の涙が出てしまったくらいでしたが、「さくらん」を見ていて同じ美しさを感じました。

あのころの時代にタイムスリップしてみたいね!

投稿: 揚巻 | 2008年2月 8日 (金) 20時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっと乗りましたN700系 | トップページ | 能力は変化するのか? »