« 謹賀新年 | トップページ | 音楽が楽しかった時代 »

2008年1月 7日 (月)

居酒屋ゆうれい

仕事始めの日に、なんでこの話題か?
しかも結構古い日本映画だ。

理由はカンタン。
お正月休み中に、いつものごとくWOWOWで放送していたからだ。
ただ普通に放送していたのなら、特にブログに取り上げる事は無かった。
なぜなら、この映画は以前にも見た事があったからだ。

この映画、もう1つ「新居酒屋ゆうれい」という続編がある。
基本モチーフは一緒なのだが、役者が違うこの2本の映画を、WOWOWが2日続けて放送していたからだ。

この2つの映画は、さっきも書いたようにモチーフは一緒で、キャスティングが違う。
Izakaya
1つめは
壮太郎=萩原健一
里子=山口智子
しず子=室井滋

2つめの方は
壮太郎=舘ひろし
里子=鈴木京香
しず子=松坂慶子

その他に「佐久間」という人物が橋爪功vs津川雅彦になっている。

で、どっちが良いかと言えば、これは好みの差なんだろうけれど、私は最初の方が断然好きだ。

監督が同じなので、わざとなのかもしれないけれど、1本目と2本目の違いは、本当の主人公の違いのような気がする。

「しず子」が前妻で幽霊なのだが、2本目の松坂慶子はやっぱりスター過ぎる。
旦那役の舘ひろしを喰ってしまう。
だから、2本目はゆうれい側が主人公なのだろう。
なにせ、松坂慶子は二役で生きている人間の役もやるくらいだから。

この映画には原作がある。
原作を読んでいないから分からないけれど、より原作に近いのは1本目のような気がする。

やっぱり1本目は配役が良い。
萩原健一は切れが良い演技だし、それまであまり良いと思わなかった山口智子も、凄いステキだと思った。
しず子役の室井滋や佐久間役の橋爪功など、よい脇役がいい味出して、この映画の良さを引き出している気がする。

それに比べて2本目は、先の松坂慶子と良い、佐久間役の津川雅彦など、ちょっとスターを使いすぎてしまった。
そしてやっぱり「新」なので、少々ストーリーを捻りすぎてしまった。
嫌いじゃないけれど、1本目と比較すると断然違いが出てしまう。

しかし、この映画を見ると萩原健一という役者は良い。
他に変わりがいないくらい、何ともオリジナリティな存在感を感じさせる人だ。
今、どうなっているんだろう?
奇行が目立って、確か何かで逮捕されたんだっけ?惜しい・・・・・・。

それから、私はお酒が飲めないが、飲めたらこんな居酒屋があったら行きたいな〜〜と思う映画でもある。

年の初めの仕事始めにはまったく関係のない話題のブログだった。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 音楽が楽しかった時代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 謹賀新年 | トップページ | 音楽が楽しかった時代 »