« FavoritesNo.16 ジプシーキングス/ボラーレ! | トップページ | レースファンの宿命 »

2007年9月10日 (月)

新しい出会いへ

「出会い」言っても人ではない。
「本」のことである。

このブログでは、平岩弓枝さんや池波正太郎さんなどの江戸情緒ものの小説の話がでる。
「御宿かわせみ」
「鬼平犯科帳」

この2つは、それぞれの作家の代表作である。

池波正太郎さんは、この他に「仕掛人梅安」シリーズも書いている。
このシリーズはそんな多くなく、しかも途中で池波さんがなくなられているので、絶筆で終わっている。

Kenkyaku

そして、このところついに「剣客商売」シリーズに突入した。
「鬼平犯科帳」
「仕掛人梅安」
「剣客商売」

は、池波さんの3大作品と言われるらしく、読む前から期待していた。

藤田まことがドラマでやっているのも、少し知っていたけれど、あまり前もって知識なしに読み始めた。

これが面白いのである。

秋山秋山小兵衛、おはる、秋山大治郎、佐々木三冬。
池波さんだけでないけれど、面白い小説は、登場人物が活き活きしてくる。
このシリーズの文庫の1冊目を読んだだけなのに、もう昔なじみの登場人物になってしまって読まされている。

この辺が作家の上手さなのだろう。
「かわせみ」の登場人物や、「鬼平」に出てくるいろんな人たち。
何だか、まるで本当の自分の友人や知り合いのような気がする。

「剣客商売」

このシリーズは、また私に新しい出会いを与えてくれている楽しみな作品である。
ただ、人気があるせいか「Book Off」では揃っていない事が多い。
文庫だから、そんなに効果ではないけれど、少々物入りが続くことになりそうだ。

|

« FavoritesNo.16 ジプシーキングス/ボラーレ! | トップページ | レースファンの宿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« FavoritesNo.16 ジプシーキングス/ボラーレ! | トップページ | レースファンの宿命 »