« 年金記録の確認 | トップページ | 広瀬 隆さんの言う通り »

2007年7月20日 (金)

やっぱり身勝手なオバさんに見える

このブログでは、ちょくちょく「そこまで言って委員会」の話題を書く。
今回も、そこからの話題。

Tajima

あの中の準レギュラーとして「田島陽子」というオバさんがいる。
政治評論家の三宅さんとライバルのようなポジションで、TVタックルで有名になったオバさんだ。

個人的には、大嫌いな人だ。
ものすごく一方向的なものの見方で、喚き散らして、以外とモノを知らないからだ。
確か、すごく頭はいいし、本も書いているようだけれど、「えっ」って思うようなことを知らなかったりする。
これはあの番組を見てて、2〜3度思った(どんなことだったか、忘れたけれど)。

あの人のことを決定的に嫌いになったのは、一度国会議員になって、さっさと辞めてしまったことだ。
大橋巨泉も同じようなことをしたけれど、彼女はその後も、政府などに対して批判的な意見をTVなんかで喚いている。

先日の「そこまで言って委員会」では、周りからその事を責められた。
そしたら、彼女はこういった。

「ちゃんと記者会見で説明したし、謝ったじゃん」

これって、最近見る企業の不祥事の釈明会見で見る経営者みたいだ。
「謝ったじゃん、あと、どうすりゃいいんだよ〜〜」
みたいな開き直りな感じなのである。

あの一言を聞いて
「やっぱりこのオバさんは、身勝手なウルサいだけの人
なんだと確信を持った。

選挙で選ばれて、自分の思ったような政治活動が出来なかったから辞めた。
一見、筋が通っているようで、まったく身勝手な活動である事に彼女は気づいていない。

私たちサラリーマンなんて、自分の思うように活動出来る事の方が少ないのだ。
それでも出来る範囲内で、出来るだけ効果のある活動をしようとしている。

しかも彼女は任期のある議員だ。
その任期中、出来る範囲で頑張って、それでも自分の信条と合わなければ、再立候補しなければ良い。

結局彼女は何もせず、投票してくれた人に対しては
「謝ったじゃん」
で済まして、相も変わらず
「男は、男は」
と喚いている。私は男だから、偏見があるだろうけれど、同じ女性である人たちは、どう感じているんだろう。

「そこまで言って委員会」で彼女が喚くと、チャンネルを変えたくなってしまうのである。

|

« 年金記録の確認 | トップページ | 広瀬 隆さんの言う通り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年金記録の確認 | トップページ | 広瀬 隆さんの言う通り »