« Favoritesなもの No.6 ニュー・シネマ・パラダイス | トップページ | 「旬の話題のブログ」の威力 »

2007年6月28日 (木)

オッサンの反省

朝、出勤はクルマで通勤している。
途中、画面は見れないけれど、TVを点けている。

フジテレビ系の「めざましテレビ」の流れから、そのまま「とくダネ!」を聞き、およそ小倉氏のオープニング・トークが終わる時点で、会社に着く。

小倉氏は、スポーツと音楽が好きで、特にこの2つの話題では熱が入る。
今朝のオープニング・トークは「絢香」を取り上げていた。

Ayaka

安藤美希と誕生日が一緒で、2人は仲良くなり、春の世界フィギアで優勝した時のエキジビションでは共演した。
このエキジビションで使用した「I believe」「三日月」の2曲は、私でも知っているくらいヒットしている。

ヒットしていたし、彼女自身の歌唱力の凄さも知っていたけれど、何と言ってもまだ10代。
幼い顔やしぐさにあまり気に留めてなかった。

安藤美希と共演したエキジビションでは、2人がはしゃぐ姿が、えらく幼く見えた。
そして、最近の音楽業界の流行であるようにコブクロとのコラボなんかのニュースを見ていると、先入観の強いオッサンとしては

「なんか実力よりも過大評価されてない?」
とか
「業界のビジネスに利用されてない?」
とか思っちゃっていた。

そして、今朝。

私のクルマは走行中には画面が見えない仕様なので(当たり前ですが)、曲が掛かり、耳だけで彼女の歌声を聴いた。

年齢とかコラボとか、変な周辺情報や先入観なしで純粋に唄だけを聴くと、やはり凄いのだ。
声の質も艶も、超一流のアーティストのものに聞こえる。

最終的には、ライブでの歌唱力を聴かないと分からないけれど(けっこうこれでがっかりしたアーティストが多い)、今日のところはオッサンは反省した。

変な先入観や年齢だけで過小評価せずに、きちんとフラットな気持ちでアートに接しないとダメだと言うことだ。

さっそく今日の帰りでもアルバムを借りて聴いてみようと思った。
反省・・・・・・

|

« Favoritesなもの No.6 ニュー・シネマ・パラダイス | トップページ | 「旬の話題のブログ」の威力 »

コメント

「気持ちはいつも青春」さん、コメントありがとう。

最近は、宣伝とか荒らしのコメントやTBばかりで、ちょっと嫌気がさしていたんですが、心のこもったコメントをいただけて、救われた気持ちです。

本当に本当に、ありがとう。
「気持ちはいつも青春」さんに、感謝!

投稿: nobulog | 2007年6月28日 (木) 21時29分

絢香(あやか)さん、19歳なんですね。
自分が19歳の時、何やっていただろう、、って
考えると、
自分の夢を持って、仕事をしている絢香さん、
偉いなぁ、って思います。

>変な先入観や年齢だけで過小評価せずに、
>きちんとフラットな気持ちでアートに接しないと
>ダメだと言うことだ。

わかりますぅ。そうですよね。。

人に対しても、つい第一印象で
「この人、変な人」とか思い込んでしまうことがあるけれど、
話してみたらすごくいい人だったりすることもありますよね。

先入観で判断せず、フラットな気持ちで人とも接していきたいですね!

話がそれましたが、素敵な気づきをありがとうございました☆

投稿: 気持ちはいつも青春! | 2007年6月28日 (木) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Favoritesなもの No.6 ニュー・シネマ・パラダイス | トップページ | 「旬の話題のブログ」の威力 »