« GWの美術三昧その2 | トップページ | 企業姿勢の視点で正解なのか? »

2007年5月 7日 (月)

観客は正直なものだ

久しぶりに映画の話題。
公開されてから、しばらく経過した作品のことを取り上げると言うのは、熱心な映画ファンでない証拠だ。
しかも見ているのは、WOWOWで放映されたものという、これまた怠け者ファンの言うことなので、大した評価でないことは確かだ。

さて、今回の作品は
「日本沈没」

Nihon

公開当時、TVで取り上げられたりしたので、有名な作品だ。
しかも昔の作品のリメイクだ。

その昔の作品をリアルタイムで見た私だが、あの頃は原作の評価と言うか、着眼点が新鮮で、大きなカタストロフィ・ブームになったものだ。

昔の映画は、田所教授が小林桂樹、あと萩原健一、いしだあゆみと言ったキャストで、当時いしだあゆみのヌードシーンなんかも話題になった気がした。

それからあの頃、いわゆる怪獣映画が下火になって、その特撮技術をこの映画で利用したことも話題になった気がする。
確か特技監督は、中野昭慶さんだったような(かなりマニアックな話ですが)

さて、今回のリメイク版の話。
正直な話、ずいぶんつまらん映画だった。
確かに新しい映画なので、CGはすごくて音もサラウンドで、臨場感たっぷりのシーンは多い。

知らなかったけれど、監督は樋口真嗣氏。
私にとっては平成ガメラシリーズの特撮監督として知る機会になった人だ。

この人の作品は、その他にも「ローレライ」がある。
これもTVで見たけれど、つまらん映画だった。CGもこってり過ぎて不自然だった。

要するにこの監督は、一場面のシーンを創るのはすごいけれど、ストーリーとしての創作能力は低いと言うことだと思う。

平成版「日本沈没」は、話もめちゃくちゃになっている。
N2爆薬で、核爆弾並みの爆発を起こし、大陸プレートを断裂させる。
そんなこと出来るわけないじゃん。
大陸プレートって地球規模のサイズで動いているものを、どこか一部の爆弾で断裂なんて、都合良すぎる話で、かなり呆れた。

それに、地球規模の大災害でパニック状態なのに、なんで主人公があんなに何度も街中で逢えるんだろう。
田所教授も、原作や昭和版では、業界の異端児だったのに、リメイク版では優秀なスタッフも施設も独り占め出来ちゃっているし。

なんでこんなご都合主義の映画を創ったんだろう?
そう思って見てたが、要はこういうことだったじゃないかな。

最近のCG技術の進歩で再現出来ないシーンがないくらいになった。
そしてハリウッドでは、上手い具合にパニック映画などがヒットしている。

「あんな迫力あるCGシーンを創りたいなぁ〜〜」

こう思う監督や制作スタッフが出てくるわけ。

「そういや、昔、『日本沈没』ってすごい映画があったじゃん。それをリメイクすれば、すごいCGシーンが創れるじゃん」

って思いついちゃうわけなんだよね。

「じゃ、ストーリーは?」

てなると、
「今流行のスーパーレスキューを取り入れよう」
「政治家の無責任さも出そう」
「恋人を救うための犠牲的なストーリーは外せないね」
「阪神大震災をリンクさせた方が、リアリティあるって」

みたいなことを言い合って、創った感じだ。

この作品が、良かったかどうかは結局、観客が決めるわけで、どれくらい動員数があったか知らないけれど、公開された当時しか話題に上らなかったことが、この映画の実力の証明なんだろうな。

最近、日本映画が、またダメになって行く気がしている。

|

« GWの美術三昧その2 | トップページ | 企業姿勢の視点で正解なのか? »

コメント

こんにちは。 新「日本沈没」はまだ観ていませんが。あなたのレポートで、だいたい想像がつきます。でも一度観てみます。

投稿: スタンリーメタボリック | 2007年6月12日 (火) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GWの美術三昧その2 | トップページ | 企業姿勢の視点で正解なのか? »