« 夏の風景 | トップページ | マイノリティであり続けること »

2006年8月 3日 (木)

日本人の良心

本当は無視しておこうと思ったけれど、今朝の新聞やネットを見て、ブログすることにした。

亀田3兄弟と言うヒドい子供たちがいる。
何を強がっているのか、それともカッコ付けているつもりなのか、公共の電波に載っていることも理解できていない知能程度で、ヒドい言葉遣いと態度だ。

こんなに有名になる前は、TVの企画番組で取り上げられて、それなりに目標を目指すスポーツ兄弟として映っていた。
ただマスメディアを組んだ辺りから変になり、冒頭に書いたように人に「不快感」を与える人間になった気がする。

その長男が昨日、世界タイトルマッチを行なった。
それまでそんなに強い対戦相手じゃない試合で連勝していたが、さすがに今回は負けることを予想(というか楽しみに)していた。

TBS系放送では、前半1時間近く訳の分からないVTRなんかを流し、ボルテージをあげる演出をしていた。
「不快感」を与える人間の試合を一生懸命見てあげるほど、優しい人間ではないので、他の番組のCM時間んだけ、チラ見をしていて、結局判定になっていた。

内容的にも「こりゃ、負けだよ」と思い、判定を待つ間の本人の表情を見ていても「負け」を覚悟してる感じだった。
TV解説なんか「19歳で頑張りましたよ」なんてコメントだったしね。

なのに、あの判定である。

なんだこりゃ?と思って、TVを切り、後はスポーツニュースも見なかった。

あの判定をすんなり受け入れてしまうかと思ったら、やはり日本人は素敵だ。
ネットのアンケートで見ると、圧倒的に亀田の負けの意見になっている。Touhyou_1
そして新聞も「?」の判定だと言っている。

やくみつるに至っては「安っぽいドラマだ」とボロクソの批判。元々彼は私と同じように、亀田3兄弟が大嫌いらしい。うれしかった。

なのにTVの批判は歯切れが悪い。
主催だったTBSが手放しで、「新チャンピオン」と盛り上がるのは分かるが、フジ系列の「特ダネ!」でも、普段ならバッサリ批判するのに、何も言わない。

なんでかな〜と思っていたら、本人がゲストに出るんだそうだ。
結局TV局って、ニュースバリューのある人間にそっぽを向かれたくないために、目をつぶるってことが、良〜〜く分かった気がする。

TV特にTBSに思う。
こんな偽物のチャンピオン作って、ボクシングブームを盛り上げようとしているけれど、却って逆効果だと思う。

まず真剣勝負であれば、人は魅了されるし、勝ち負けよりも素敵だと感じる。
そういうものを見ることで、人はリスペクトされるはずだ。サッカーのW杯が良い例だ。

それともう一つ。
トップに立つべき人物は、やはり尊敬される人間性を持っているべきだ。
「ただ強い」だけでは、本物のトップとは言えないのだ。

村上ファンドにライブドアの堀江モンを見ても分かるだろう。
どれだけ成功しても「尊敬」している人は、少ないではないか。

救われたのは、あのガキが疑惑の判定でチャンピオンになっても、一般の人は認めていないことが、ネットで分かったことだ。

やっぱり日本人は信頼し、愛すべき感受性を持っているのだと安心した。

|

« 夏の風景 | トップページ | マイノリティであり続けること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の風景 | トップページ | マイノリティであり続けること »