« スカッとしない家電購入 | トップページ | 冥王星の話 »

2006年8月23日 (水)

「本物」と「もどき」

タイトルを入力して変換したら「もどき」は「擬」という文字だと初めて知った。
さらにPCの辞書で調べると「まがい」などとも読むようだ。
「てへん」に「疑う」なんて、まさに文字どおりの言葉だ。

日曜日の延長再試合〜月曜のエース対決での劇的なゲームセット。Kousien_1
ここのところ高校野球決勝戦のニュースがトップを飾っている。

どのチャンネルや新聞やネットを見ても、賞賛し、清々しさを訴えている。青いフェイスタオルの話題はどうかとも思うが、まああれも清々しいと言えば清々しい。

野球留学、プロへのアピール、喫煙・暴力問題、しごき、父兄の負担などなど、実のところいろんな問題があるんだろうけれど、試合をしている瞬間だけは、ピュアなんだろう。
だから、こんなにも皆が熱狂し、賞賛し、感激すると思う。

対照的に、例の3バカボクシング兄弟や欽ちゃん球団など、マスコミによって作り上げられた虚像は、一時は話題になるが、感激や感動は感じない。

疑惑の世界チャンピオンになった長男は、同じ相手との再戦を決めたと言う。
欽ちゃん球団も、選手数半減や不祥事芸人の復帰はないと決めたそうだ。

特に欽ちゃん球団は、雑誌に掲載されていた北野たけしのコメントによれば、
「高校や大学野球なら、1年間くらいの出場停止が当たり前」であり、すご〜〜く曖昧にしてしまった感がある。

いずれにせよ、やはり多くの人が本当に感動したり感激したりするものは、一生懸命頑張ったことが結果として共感されるわけで、どこかの誰かが作為的に作り上げたものは、結局は「もどき」でしかないということだ。

神様がもしもいるとしたら、絶妙なバランス感覚の持ち主で、
「そろそろ日本人に、本物を見せておこう」
と意志が働いたとしか思えない今回の高校野球だった気がする。

あとは、こういうことにマスコミ(特にTV局)が気付いて、安易に「感動」とか「感激」を演出しないことと、今回の高校野球の高校生が、そのまま普通の高校生でいて欲しいと願うだけだ。

ところで、ジョンベネちゃんのニュースって、日本で報道する意味ってあるんだろうか?
よくわからん・・・・・・

|

« スカッとしない家電購入 | トップページ | 冥王星の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スカッとしない家電購入 | トップページ | 冥王星の話 »