« すべてが同じように見える | トップページ | 偽メール事件 »

2006年3月22日 (水)

WBCの話

世界一になっちゃいましたね、WBC。
昨日は休日で、しかも他のチャンネルで面白そうな番組もなかったので、TV観戦しました。多くの人はそうだったんじゃないでしょうか?20060321-04334795-jijp-spo-view-001
1次予選が始まった時の、盛り上がりのなさと昨日の盛り上がり方は、いかにも日本人って感じでした。
きっとあのまま2次予選で敗退していたら、多くの人が「WBCって何?」で終わっていただろうし、「ルールがおかしい!」とか「あの審判は何だ!」という話題ばかりだったろうね。まさに勝てば官軍です。

いくつかの会社を転職してきた僕には、ある時期から感じるものがある。
それは「人の運」というものだ。伸びている会社には運の良い経営者がいるし、能力も運もある社員が多い。逆に能力はあっても、運のない人も見てきた。

そう言う意味で、王監督はやはり運を持っている人なんだろうな。
そしてイチローも。

あまりTVでは取り上げられなかったけれど、僕は影のMVPは上原だと思う。
アンチGファンだが、あの準決勝の上原の0点に押さえたピッチングは素晴らしい。0点同士で進行したあのゲームのプレッシャーは、昨日の松坂なんて比じゃないだろう。あの頑張りがなかったら、きっとこの優勝はなかったかも。

どこかのTVが言っていたが、今となったらあのボケ審判のおかげで話題になり、メキシコに火が着いてアメリカを破り、かつ日本チームもより結束した。
本当に勝てば官軍。日本人的なコメントでした。
でも、今日のところは素直に喜び、感動しましょう。

|

« すべてが同じように見える | トップページ | 偽メール事件 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« すべてが同じように見える | トップページ | 偽メール事件 »