« そんなんでいいのか! | トップページ | 覚えているぞ! »

2006年2月15日 (水)

トリノの話

昨日の記事はあまり気持ち良い記事でなかったので、連日の投稿にしました(しかも会社から)。
やっぱり仕事絡みのターゲットを見据えての愚痴ってのは精神衛生上良くないね。だったら削除すればいいんでしょうが、それじゃ気持ちが収まらないんで。

さて、最近は朝起きると「ついにメダルを取りました!」というコメントが聞けるかな?と思いながらTVのスイッチを入れるんですが、毎日「がっかり」のニュースばかりです。

さすがに今日あたりになると「メダルはなくても」とか「世界で4番目ですよ」とか慰めのコメントが聞こえましたが、4年後のオリンピックの時期になると記憶も曖昧になるじゃないですか?
結局メダルどころか、金メダル獲得のことくらいしか覚えていないってのが、平均的日本人の記憶なんじゃないのかな?

オリンピックとかワールドクラスのスポーツイベントは、大好きでよくTVで見ます。確かに1等賞になったり、表彰台に上ったり、入賞したりすることは感動を呼ぶけれど、それだけじゃないんじゃないかな?

最近は出掛けてないけれど、昔は鈴鹿によくレースを見に行った。TVでは映ってなくても、2輪レースなどで、転倒後リスタートして、何とかゴールする選手にはスタンドから暖かい拍手が送られる。
こういうのが、本当のスポーツ観戦での感動だと思うんですよ。

今日の新聞で初めて知りましたが、フィギア・ペアフリーの中国ペアは転倒し、中断後もまた続けて銀メダルを取ったそうだ。
もしもTVで見ていたら、涙していたかも・・・・。
日本のTVも日本人のことばかりトップに言わずに、こういう話をトップに扱ってくれてもいいんじゃないかな〜〜。そりゃ日本人の活躍をメインに持ってきたいってのはよく分かるけれどね〜。

追記
成田童夢なんて若者の選手は、オリンピックが特別なものと分からずに出場してしまったのが画面を通しても感じられて、ちょっと嫌な気持ちになったのは、何度も何度もオリンピックをTVで見てきた年寄りだからでしょうか・・・

|

« そんなんでいいのか! | トップページ | 覚えているぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« そんなんでいいのか! | トップページ | 覚えているぞ! »