« 次は誰なんだろう | トップページ | そんなんでいいのか! »

2006年2月 9日 (木)

伊福部昭さん

朝、新聞を見て知った。
毎朝出勤前に見ている「めざましテレビ」では、何も言ってくれなかったが、知っているいる人は知っている巨星がなくなった。

今、ブログを書く前にココログを検索したら、かなりの数ヒットした。
同じように感じている人がいて、ちょっとうれしかった。
代表曲は、やはり「ゴジラ」
映画を見ていない人でも、聞くと分かる曲だ。
この人が、クラシック界の超大物と知ったのは、ずいぶん大人になってからだったが、一番ゴジラに夢中になっていた小学校時代、あのテーマが流れるだけで、胸がワクワクしていた。
今、テーマ音楽だけで、ワクワクするものなんてあるんだろうか?

いろいろな評論を読むと、ゴジラのテーマ自体、作曲やオーケストラ音楽としても、かなり超ど級のレベルなのだそうだ。
そんなことは、昔はもちろん今もあまり分からないが、ゴジラ映画がチープになってしまっても、あのテーマと伊福部さんの曲がかかると、画面にも迫力が増してくるような気がした。
そんな映画音楽は、今までにあまり聞いたことがない。

自分自身のことで言えば、ベータビデオのテープで持っていた「ゴジラファンタジー」「ゴジラ伝説」「怪獣グラフティ」の3本を、昨夜DVDに焼き終わった日だった。
そんな日に伊福部さんが亡くなるなんて、やはりゴジラ世代の大きな縁で結ばれているのだろうと、勝手に感無量になっていたりしている。
とにかく、今日は合掌
gozila

|

« 次は誰なんだろう | トップページ | そんなんでいいのか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 次は誰なんだろう | トップページ | そんなんでいいのか! »